1. HOME
  2. 会社案内
  3. サスティナビリティ

COMPANY

会社案内

サスティナビリティ

Sustainability

「私たちが未来への架け橋となるために」

人から人へ「つたえ、つなぐ」
今を未来へ「つたえ、つなぐ」

私たち三英は持続可能な未来に向け「つたえ、つなぐ」ことをモットーとし、問題解決力やリーダーシップを養う教育を未来を担う子どもたちへ伝え、また自分たちの街を自分たちで守るための「手と手をつなぐ」街づくりなど、未来へつながるための行動を一歩ずつ実行していきます。三英はこれからもすべての人が笑顔で過ごせる持続可能な社会への架け橋となるよう貢献してまいります。

 

「答えのない時代を生き抜く力を」

時代は大きな転換期を向かえ少子高齢化、情報化、グローバル化、人工知能の発達などの社会的変化は加速度的となり社会構造や雇用環境は急速に変化し、予測困難な時代となっています。 次の世代を担う子どもたちがこの予測困難で答えのない時代を生き抜いていくために、三英は先端的かつ創造的な学びの場を提供していきます。

「私たちの一歩」

三英はDOHSCHOOLというスクール事業を通じ、子どもたちに「STREAM教育×ソフトスキル」を学ぶ場を提供します。スクールでは子どもたちが主体的に楽しく学び、トライ&エラーを繰り返しながら自ら課題を発見し、創造し、自分たちの力で問題解決まで導きます。また一人で解決することが困難な壁が目の前に現れても、仲間と協力しあい超えていくことができるチームワーク力やリーダーシップなど、子どもたちがこれからの時代を強く自由に生き抜いていくための力を育みます。

[STREAM教育]
Science/Technology/Robotics/Engineering/Art/Mathematicの頭文字を合わせた先進的且つ学際的な教育手法。

 

「ジェンダー格差のない未来を」

日本は女子学生の理工系学部への進学率は非常に低く、OECD諸国の中でも最低の数字となっており、この理工系学部進学率の低さは、そのまま雇用・賃金格差にも繋がっています。私たちのスクールでは女子学生にも幼少期からSTREAMに触れジェンダーの境界線なく学ぶことで、世界の理工学系分野で活躍できる人材の輩出に努めています。

「私たちの一歩」

低学年の女子学生がSTREAMへの一歩を踏み出す環境づくりの一つとして、DOHSCHOOLではガールズコースを設置。また教材として使用している「VEXロボティクス」のコンペディションではGirl Poweredチームの結成を推進し、国際大会への出場を積極的にサポートしています。

 

「未来へつながる街づくり」

三英が本社をおく神保町は「本」「スポーツ」「飲食」「楽器」「学生」「企業」など、様々な人が学び、働き、楽しめる魅力に溢れた街です。世界を襲ったCOVID-19(新型コロナウィルス)による影響で、この街も大きな経済的ダメージを負っています。これまでもこれからもこの街で働く私たちは神保町の魅力を未来へつなげるために率先して考え行動し、皆が協力し合える「手と手をつなぐ」街づくりを目指します。

「私たちの一歩」

この街の飲食店を応援する活動を始めます。
飲食店を応援することはこの街の魅力を守ることだけでなく、その場所で働く人々の雇用を守ることにも繋がります。

Lunchy’s
私たちは飲食店応援活動として飲食情報サイトLunchy’sを立ち上げます。「テイクアウト」「イートイン」のメニュー情報だけでなく、普段聞けないお店側の思いや歴史、その他のエピソードなども取材させていただき、この街に関わる沢山の方々に楽しんでいただける情報サイトを目指します。またこの応援活動を通じて店と店、企業と店などが繋がりをもてる仕組みを作り、皆で支える「手と手をつなぐ」街づくりを目指していきます。

三英株式会社はSDGsに賛同し持続可能な開発目標を支援しています。